月刊誌「栴檀」の栴檀集への会員の投句が始まりました。
(2018年5月号 第187号より)
TOPに戻る




最新号 栴檀 2019年月10号 第204号
栴檀集 辻 恵美子 矢田邦子 共選

三句選
 夕 焼 雲 自 転 車 を 漕 ぐ 腰 を 上 げ 中島洋子
 小 包 に 数 へ て 詰 め る 朴 葉 寿 司 中島洋子
 故 郷 の 山 河 は 遠 し 踊 歌 中島洋子
 

 ポ ロ シ ャ ツ の 白 き 腕 や 夏 兆 す 長谷部高久
 新 し き 墓 誌 に 友 の 名 麦 の 秋 長谷部高久
 い つ せ い に 動 く 嘴 燕 の 子 長谷部高久
 
二選句
 敷 き 藁 の 湿 り に 添 う ひ て 梅 雨 菌 杉原敏治
 石 畑 の 石 を 浮 か せ て 雷 さ り ぬ 杉原敏治
 
 カ レ ー ラ イ ス ご ろ ご ろ と 煮 込 む 夏 野 菜 土屋敏子
 片 隅 に 雪 掻 き 置 か る 梅 雨 の 駅 土屋敏子
 
 病 室 へ な ん じ や も ん じ や 風 入 る る 太田米子
 山 な み の 墨 絵 の ご と し 夏 の 霧/td> 太田米子
 
 父 の 日 の 父 の 居 し 日 の 日 記 読 む 田口妙子
 禍 事 の あ り し は 遠 く 樗 花 田口妙子
 
 


最新号 栴檀 2019年月9号 第203号
栴檀集 辻 恵美子 矢田邦子 共選

三句選
 陽 を 弾 く 金 の 信 長 椎 の 花 田口妙子
 今 日 が 為 樗 の 花 の 盛 り な り 田口妙子
 板 屋 根 の 剥 が る 廃 屋 梅 雨 に 入 る 田口妙子
 

二選句
 谷 若 葉 太 き 靴 紐 締 め 直 す 杉原敏治
 飛 騨 に な き 樗 の 花 を 囲 み 見 る 杉原敏治
 
 葫 を 束 ね て 吊 る す 夕 間 暮 れ 中島洋子
 砂 埃 り あ が る 街 道 氷 旗 中島洋子
 
 微 風 の 朴 の 若 葉 に と ど ま り ぬ 長谷部高久
 夏 座 敷 母 の 形 見 の 硯 箱/td> 長谷部高久
 
 瀬 音 高 く 夜 の 明 け 初 め て 鮎 解 禁 太田米子
 よ う や つ と 藁 に 絡 め り 胡 瓜 ひ げ 太田米子
 
 
一句選
 風 抜 け る 花 一 輪 の 夏 座 敷 土屋敏子
 
最新号 栴檀 2019年月8号 第202号
栴檀集 辻 恵美子 矢田邦子 共選

二選句
 月 桃 の 花 鈴 な り や 走 り 梅 雨 杉原敏治
 春 惜 し む み や ら び 句 碑 を 手 で な ぞ り 杉原敏治
 
 子 の 描 く 一 列 並 ぶ チ ュ ー リ ッ プ 土屋敏子
 学 童 の 抜 足 出 来 ぬ 田 植 え か な 土屋敏子
 
 大 杉 に 紙 垂 の 数 多 や 青 田 風 中島洋子
 ガ イ ド ブ ッ ク 付 箋 だ ら け の 夏 帽 子/td> 中島洋子
 
 伴 奏 の 方 が 大 き な 新 学 期 長谷部高久
 桜 蘂 渡 り 廊 下 の 床 に 降 る 長谷部高久
 
 新 緑 の 明 か り に 拝 す 画 天 井 太田米子
 春 耕 の 足 踏 ん 張 り て 山 畑 太田米子
 
一句選
 春 雷 の さ ら ふ が 如 く 夫 の 逝 く 田口妙子
 
最新号 栴檀 2019年月7号 第201号
栴檀集 辻 恵美子 矢田邦子 共選

三句選
 と め ど な く 桜 散 り け り 百 寿 の 背 橋本玲子
 紫 雲 英 田 に 沈 む 母 と 子 空 青 し 橋本玲子
 ジ ョ ギ ン グ の 肩 を か す め る 落 花 か な 橋本玲子
 

 門 前 に 食 ぶ る 稲 荷 や 山 椒 の 芽 太田米子
 ど こ ま で も 清 流 に 沿 ふ 桜 か な 太田米子
 宙 を 舞 ふ 蝶 々 の ご と し 白 木 蓮 太田米子
 

二選句
 春 の 虹 比 良 連 山 を 引 き よ せ り 杉原敏治
 踊 り 子 草 鞋 土 蹴 る 春 祭 杉原敏治
 
 都 会 の 子 つ く し 食 ぶ る を 驚 け り 土屋敏子
 制 服 の 袖 擦 り 切 れ て 卒 業 子 土屋敏子
 
 春 北 斗 搭 乗 を 待 つ 留 学 子 中島洋子
 朝 桜 い ろ は 習 ひ の お 下 げ 髪 中島洋子
 
 譜 め く り の や さ し き 音 や 春 の 宵 長谷部高久
 椅 子 裏 に イ ニ シ ャ ル 刻 み 卒 業 す 長谷部高久
 
 ア パ ー ト の 表 札 新 た 朝 桜 田口妙子
 記 念 日 の 妻 の か か へ る フ リ ー ジ ア 田口妙子
 


最新号 栴檀 2019年月6号 第200号
栴檀集 辻 恵美子 矢田邦子 共選

三句選
 ほ ろ 酔 へ ば 亡 き 夫 の 影 梅 月 夜 田口妙子
 豆 腐 屋 の 蒸 気 朧 に 融 け ゆ け り 田口妙子
 金 縷 梅 や ま が ふ こ と な き 岐 れ 道 田口妙子
 
二句選
 花 嫁 の 髪 に 真 白 き フ リ ー ジ ア 杉原敏治
 啓 蟄 や ま だ 準 備 中 苗 売 場 杉原敏治
 
 春 一 番 ポ ニ ー テ ー ル を 撥 ね あ げ て 土屋敏子
 春 野 菜 の 天 ぷ ら 盛 ら る ラ ン チ か な 土屋敏子
 
 弦 楽 の 音 色 柔 ら か お ぼ ろ 月 長谷部高久
 与 三 郎 の 横 に 媼 の 土 雛 長谷部高久
 
 山 鳩 の 番 降 り 来 る 雨 水 か な 橋本玲子
 囀 や 林 を 抱 く 風 の あ り 橋本玲子
 
 合 唱 の 幕 の 上 が る や 風 光 る 太田米子
 瓦 葺 く 人 影 あ る や 夕 霞 太田米子
 
一句選
 ポ ケ ッ ト に 茹 で た て 卵 朧 月 中島洋子
 
最新号 栴檀 2019年月5号 第199号
栴檀集 辻 恵美子 矢田邦子 共選

三句選
 客 室 の 布 団 上 げ 下 げ 初 仕 事 高久
 着 膨 れ て 狭 き 歩 幅 の 二 人 か な 高久
 体 幹 を 正 し て 向 か ふ 初 硯 高久
 
二句選
 初 日 記 父 の イ ニ シ ャ ル 残 る ペ ン 玲子
 冬 ざ れ や 有 線 の 声 切 れ ぎ れ に 玲子
 
 蜂 蜜 を ス プ ン に 絡 め 春 立 リ 敏治
 新 品 の ラ ン ド セ ル 背 に 蕗 の た う 敏治
 
 踏 み し め て 足 に 伝 は る 霜 柱 敏子
 マ ス ク し て 眼 鋭 き 試 験 官 敏子
 
 故 郷 を 巣 立 つ ス ー ツ や 春 隣 米子
 水 仙 や 人 居 ぬ 庭 に 朝 日 射 す 米子
 
 百 六 の 歳 閉 じ た る 松 の 内 妙子
 福 寿 草 数 え る 母 の 手 の 白 き 妙子
 
一句選
 終 活 の 捨 て る 棄 て な い 着 ぶ く れ て 洋子
 
課題句 ー冬薔薇ー  角南英二 選
入選  後 遺 症 少 し 抱 へ て 冬 の 薔 薇    洋子



最新号 栴檀 2019年月4号 第198号
栴檀集 辻 恵美子 矢田邦子 共選

二句選
 日 に 四 度 三 種 目 薬 春 隣 敏治
  全 身 で リ ズ ム と り つ つ 落 葉 踏 む 敏治
 
 ア レ グ ロ の テ ン ポ を 刻 む 弾 始 め 高久
 弾 初 の 多 め に 塗 れ る 弓 の 脂 高久
 
 時 雨 る る や 駆 け 抜 け て ゆ く バ イ ク 便 玲子
 苔 玊 の 真 中 に 据 ゑ る 藪 柑 子 玲子
 
 豆 腐 屋 の 完 売 札 や 雪 催 妙子
 父 に 似 る ま ろ き 背 中 や 藁 を 打 つ 妙子
 
一句選
 冬 枯 れ の だ あ れ も い な い 畑 か な 洋子
 

最新号 栴檀 2019年月3号 第197号
栴檀集 辻 恵美子 矢田邦子 共選

四句選
 校 庭 に 畝 一 条 の 大 根 畑 敏治
 ポ ケ ッ ト が 餅 で 膨 ら む 秋 祭 敏治
 翡 翠 を 川 面 光 に 見 失 ふ 敏治
 霜 月 は 待 つ こ と 多 く 過 ぎ に け り 敏治
 
三句選
 小 春 日 や 卆 寿 の 母 の 薄 化 粧 妙子
 綿 虫 の 誘 ふ 方 へ か く れ ん ぼ 妙子
 コ ン ビ ニ の 弁 当 買 ふ 子 冬 夕 焼 妙子
 
二句選
 山 芋 や 髭 根 も 併 せ す り 潰 し 高久
 散 り 紅 葉 水 琴 窟 の 軽 き 音 高久
 
 黄 落 や 代 替 り す る 染 物 屋 玲子
 村 の 灯 の 遠 く に 流 る 鹿 の 声 玲子
 
一句選
 ポ ン プ 井 の 真 白 き 布 花 八 手 政子
 
栴檀 2019年2月号 第196号
栴檀集 辻 恵美子 矢田邦子 共選

二句選
 中 指 で 深 さ 確 か め 蒜 植 う る 敏治
 円 空 堂 紅 葉 の 浮 か ぶ 外 流 し 敏治
 
 野 路 の 秋 背 丈 不 揃 ひ 木 端 仏 政子
 繭 倉 の 漆 喰 剥 が れ 赤 ま ん ま 政子
 
 山 な み の 疎 ら な 家 の 柿 日 和 洋子
 玉 垣 を 囲 へ る 縄 や 冬 近 し 洋子
 
 お 供 へ を 猿 に 盗 ら れ て 秋 祭 高久
 帰 省 子 が ご ぼ う 抜 き す る 運 動 会 高久
 
 ス マ ホ 切 り 見 上 ぐ る 空 の 金 木 犀 玲子
 こ の 鉢 の 朱 の 鮮 や か に 新 蕎 麦 打 つ 玲子
 
 安 ら か に 妹 逝 き し と ふ 霧 の 夜 妙子
 手 を あ は せ 田 の 神 送 り 秋 の 夕 妙子
 




最新号に戻る


栴檀 2019年1月号 第195号
栴檀集 辻 恵美子 矢田邦子 共選


三句選
 日 焼 け せ し 腕 見 せ 合 ふ 休 暇 明 け 高久
 野 分 あ と 鏡 に 戻 る ダ ム 湖 畔 高久
 野 仏 に ま つ わ る 風 や 赤 蜻 蛉 高久
 
二句選
 栗 お こ は 駅 弁 売 の 声 走 る 敏治
 ぼ く ぼ く と 秋 耕 進 み 畝 と す る 敏治
 
 扁 平 の 色 あ せ し 顔 案 山 子 か な 洋子
 絎 台 に へ ら の 跡 有 り 盆 の 月 洋子
 
 人 里 の 遠 く に 群 る る 狐 花 玲子
 白 壁 の 道 し な だ る る 櫨 紅 葉 玲子
 
 山 椒 の す り こ ぎ 匂 ふ と ろ ろ 汁 妙子
 朝 も や に ゆ れ て 眠 れ る 鵜 舟 か な 妙子
 
一句選
 葉 食 わ れ し 蔓 の 先 に は 大 甘 薯 政子
 

栴檀 2018年12月号 第194号
栴檀集 辻 恵美子 矢田邦子 共選


二句選
 ド ン グ リ を 拾 ひ 集 め て 妻 の 手 に 敏治
 飛 び 抜 け て オ ク ラ 育 ち し 留 守 三 日 敏治
 
 グ ラ ン ド の 片 方 の 靴 秋 暑 し 政子
 忠 霊 碑 泰 山 木 の 花 に 下 政子
 
 朝 焼 に 川 の 染 ま れ る 広 島 忌 洋子
 合 流 の 濁 り 波 立 つ 大 西 日 洋子
 
 日 焼 け 顔 連 な っ て 行 く 登 校 日 高久
 合 宿 や ぎ っ し り 敷 き し 夏 布 団 高久
 
 桐 一 葉 光 消 え ゆ く 西 の 空 玲子
 か な か な や 赤 子 揺 ら し て 歩 く 道 玲子
 
 転 ぶ な と ひ と 言 残 し 帰 省 の 子 妙子
 寡 黙 な る 父 な ほ 寡 黙 原 爆 忌 妙子

最新号に戻る


栴檀 2018年11月号 第193号
栴檀集 辻 恵美子 矢田邦子 共選


二句選
 湧 き 水 の 脇 を 居 場 所 に ユ キ ノ シ タ 敏治
 天 牛 を 小 箱 に 入 れ て 孫 を 待 つ 敏治
 
 雲 梯 を 一 気 に 渡 る 夏 の 空 政子
 帰 路 切 符 回 収 箱 に 秋 の 夜 政子
 
 古 民 家 の 茶 釜 据 ゑ あ る 夏 座 敷 洋子
 炎 昼 や 視 線 逸 ら さ ず 猫 過 ぎ ぬ 洋子
 
 孑 孑 の 水 面 蹴 上 げ 沈 み け り 高久
 夏 帽 子 ツ バ 上 に 向 け 集 合 写 真 高久
 
 褐 色 の 川 の 速 さ や 雷 去 り ぬ 玲子
 夕 涼 し 門 前 に 鳴 る 下 駄 の 音 玲子
 
 翁 ら の 手 柄 話 や 冷 や し 酒 妙子
 結 願 の 巡 礼 ふ た り 心 太 妙子

最新号に戻る


栴檀 2018年10月号 第192号
栴檀集 辻 恵美子 矢田邦子 共選


三句選
 枝 高 き ほ ど 紅 の 濃 し さ く ら ん ぼ 妙子
 御 岳 の 煙 真 直 ぐ や 梅 雨 の 晴 妙子
 円 空 の 宿 乞 ひ し 里 麦 の 秋 妙子
 
二句選
 沙 羅 の 花 拾 い 集 め て 根 の 元 に 敏治
 児 の 呉 れ し は が き に 溢 る 四 ひ ら か な 敏治
 
 離 れ 住 む 父 母 は 病 み を り 花 南 天 政子
 旗 高 く 振 る ガ ー ド マ ン 日 の 盛 り 政子
 
 流 木 の 白 々 と あ り 夏 河 原 洋子
 老 夫 婦 さ は り な く 過 ぐ 単 帯 洋子
 
 待 ち 構 へ 長 き 舌 出 す 守 宮 か な 高久
 二、三 回 舞 ひ て 戻 れ リ 燕 の 子 高久
 
 獲 物 食 む 守 宮 捩 れ て ゐ た り け り 玲子
 雲 水 の 青 き 頭 の 汗 拭 い 玲子
 

最新号に戻る


栴檀 2018年9月号 第191号
栴檀集 辻 恵美子 矢田邦子 共選


三句選
 更 衣 腕 見 比 べ 女 学 生 敏治
 先 読 め ぬ 癌 の 治 療 や 梅 雨 寒 し 敏治
 花 殻 を 付 け て 初 も ぎ 胡 瓜 か な 敏治
 
 鳳 凰 の 飛 び 立 ち そ う に 春 の 風 洋子
 山 頂 へ 届 く 水 音 夏 の 川 洋子
 炎 天 や 置 か れ し ま ま の シ ョ ベ ル カ ー 洋子
 
 通 学 の 頭 上 高 き を 桐 の 花 高久
 民 宿 の 廊 下 の 軋 み 梅 雨 深 し 高久
 鮎 遡 上 苔 む す 石 に 影 を 引 く 高久
 
 外 つ 国 の 妃 の 名 い く つ も 薔 薇 の 園 玲子
 麦 秋 や 遠 く に 風 力 発 電 所 玲子
 瞬 き の 間 に 点 と な り 夏 つ ば め 玲子
 
二句選
 水 馬 水 面 に 作 る 波 紋 か な 政子
 青 鷺 の 鋭 き 眼 魚 狙 う 政子
 
 円 空 の 往 き し 杣 道 青 胡 桃 妙子
 石 仏 を 覆 い 尽 く せ り 夏 わ ら び 妙子
 

最新号に戻る



栴檀 2018年8月号 第190号
栴檀集 辻 恵美子 矢田邦子 共選


三句選
 ひ と 鉢 の 苗 を 囲 め る 菊 談 義 高久
 今 日 積 ま る 泥 輝 き て 燕 の 巣 高久
 片 減 り の 靴 洗 ひ 終 へ 花 疲 れ 高久
 
二句選
 花 一 片 ふ は り 赤 子 の 頬 の 上 敏治
 念 入 り に 天 地 確 か め 芋 植 う る 敏治
 
 か た く り や 山 の 小 さ な ロ グ ハ ウ ス 政子
 湧 水 に 沈 め て あ り ぬ ラ ム ネ 水 政子
 
 宗 祇 水 の 柄 杓 持 ち を り 夏 燕 洋子
 嬰 児 の そ つ と 触 れ た り 桃 の 花 洋子
 
 濡 縁 の 角 の 明 る さ 花 馬 酔 木 玲子
 碧 天 風 吹 き 始 む 鯉 幟 玲子
 
 逆 縁 の 報 せ 届 け り 雪 の 果 て 妙子
 大 仏 に 全 員 会 釈 遠 足 子 妙子




栴檀 2018年7月号 第189号
栴檀集 辻 恵美子 清水雅子 共選


二句選
 円 陣 の 散 り て は 寄 り ぬ 春 休 み 敏治
 三 方 の 鯉 の 跳 ね た り 春 の 昼 敏治
 
 降 ろ し た て 嬰 児 の 靴 春 の 泥 政子
 桃 の 花 笑 顔 こ ぼ る る 車 椅 子 政子
 
 膝 に 落 つ 桜 ひ と ひ ら 愛 で に け り 洋子
 春 風 や 墓 石 に 揺 る る 水 の 影 洋子
 
 た だ ひ と り 仮 設 校 舎 で 卒 業 す 高久
 う つ す ら と 墓 誌 に 積 み た り 春 の 塵 高久
 
 豆 腐 屋 の 灯 り 籠 る 朝 ま だ き 妙子
 山 の 児 の 騒 ぎ の な か の 落 し 角 妙子




栴檀 2018年6月号 第188号
栴檀集 辻 恵美子 後藤和郎 共選


三句選
 華 や ぎ の 芯 に 挿 さ る る 猫 柳  洋子
 長 居 せ り 日 射 し あ ま ね き 雛 の 間 洋子
 相 撲 見 て 足 の 力 め る 炬 燵 か な 洋子
 
 菜 の 花 や 盆 に あ ふ る る 金 平 糖 玲子
 夕 桜 黒 塗 り 膳 の 深 き 艶 玲子
 鈍 行 の 窓 伝 う 雨 春 愁 玲子
 
二句選
 陽 だ ま り を 独 り 占 め し て い ぬ ふ ぐ り 敏治
 春 の 雨 起 こ せ し 土 に 触 れ て み る 敏治
 
 親 指 に 伝 ふ 脈 拍 春 隣 政子
 声 合 わ せ 水 中 ウ ォ ー ク 春 麗 政子
 
 美 濃 飛 騨 を 分 か つ 道 標 残 る 雪 高久
 春 宵 や 二 人 で 合 は す セ ロ の 音 高久
 
 ピ ー ス す る 爺 と 嬰 児 初 雛 妙子
 成 康 と は つ 並 び 立 つ 春 の 岸 妙子

最新号に戻る



栴檀 2018年5月号 第187号
栴檀集 辻 恵美子 後藤和郎 共選


二句選
 パ ソ コ ン に 倦 み て み か ん の 皮 を 剥 く 敏治
 坐 禅 組 む 背 に 被 さ る 寒 さ か な 敏治
 
 初 霜 や 取 り 残 さ れ し 柚 子 甘 し 政子
  猿 の 手 が 掴 む 大 き な 吊 る し 柿 政子
 
 凍 空 や 認 知 検 査 の 葉 書 受 く 洋子
 寒 ざ ら し 五 彩 の 鯉 の 大 目 玉 洋子
 
 地 蔵 様 の 頭 の 形 に 雪 積 も る 高久
 露 天 湯 の 湯 気 に 消 え ゆ く 春 の 雪 高久
 
 大 粒 の ま る み 両 手 に 寒 卵 玲子
 父 に な る メ ー ル 建 国 記 念 の 日 玲子
 
 マ ジ シ ャ ン に 見 入 る 翁 ら 冬 日 差 す 妙子
 初 雛 や 幼 に 添 ひ し 好 々 爺 妙子






最新号に戻る
TOPに戻る