月刊誌「栴檀」緑樹集(栴檀同人句集)の中から典子先生の句を記載します。
TOPに戻る


栴檀 2019年10月号 第204号
緑樹集 辻 恵美子 選

         
 夏 の 日 を 細 か く 砕 く 樟 大 樹 遠藤典子
 蓮 の 池 団 地 の 底 に 鎮 も れ り 遠藤典子
 涼 し さ や 小 流 れ に 沿 う 姫 街 道 遠藤典子
  



栴檀 2019年9月号 第203号
緑樹集 辻 恵美子 選

         
 太 宰 忌 の 置 き 忘 れ た る 傘 二 本 遠藤典子
 ひ と つ 墓 碑 に 父 の 名 子 の 名 木 下 闇 遠藤典子
 金 箔 の 廟 よ り 出 づ る 藪 蚊 か な 遠藤典子
  



栴檀 2019年8月号 第202号
緑樹集 辻 恵美子 選

         
 キ ー ン 氏 を 送 る 初 音 と 思 ひ け り 遠藤典子
 取 り 返 し た き 嘘 ひ と つ 万 愚 節 遠藤典子
 加 薬 飯 の お 焦 げ が 好 き で 昭 和 の 日 遠藤典子
 結 び の 地 け ふ 栴 檀 の 花 盛 り 遠藤典子
  



栴檀 2019年7月号 第201号
緑樹集 辻 恵美子 選

         
 千 年 の 杉 に 耳 当 て 春 惜 し む 遠藤典子
 樽 見 線 咲 き 満 つ 花 の 駅 い く つ 遠藤典子
 咲 き 満 ち て 寂 光 纏 ふ 尾 根 桜 遠藤典子
  
  



栴檀 2019年6月号 第200号
緑樹集 辻 恵美子 選

         
 玉 手 箱 見 し よ り 春 の う れ ひ か な 遠藤典子
 初 蝶 来 宇 良 参 道 の 静 け さ に 遠藤典子
 春 の 雪 宛 名 一 文 字 滲 ま す る 遠藤典子
  
  



栴檀 2019年5月号 第199号
緑樹集 辻 恵美子 選

          
 家 系 図 に ひ と つ 名 を 足 し 梅 莟 む 遠藤典子
 発 掘 の 石 に 経 文 芽 吹 山 遠藤典子
 連 翹 や 道 譲 り 合 ふ ベ ビ ー カ ー 遠藤典子
 勢 み つ け 梵 鐘 撞 け ば 山 笑 う 遠藤典子
 梅 の 香 の ほ の と 戒 壇 廻 り か な 遠藤典子






栴檀 2019年4月号 第198号
緑樹集 辻 恵美子 選

 
 御 明 石 の 揺 ら ぎ 定 ま る 淑 気 か な 遠藤典子
 ユ ニホ ー ム の 泥 は 勲 章 春 隣 遠藤典子
 校 門 出 る 最 後 の ひ と り 風 花 す 遠藤典子
 
 



栴檀 2019年3月号 第197号
緑樹集 辻 恵美子 選


 黄 落 や 両 手 翼 に 滑 り 台 遠藤典子
 旅 鞄 下 ろ し 加 は る 焚 火 の 輪 遠藤典子
 闇 汁 や 口 は 堅 い と 云 う 女 遠藤典子
 潮 騒 の 障 子 震 は す 年 忘 遠藤典子






栴檀 2019年2月号 第196号
緑樹集 辻 恵美子 選


 色 里 へ 路 地 細 り ゆ く 花 八 手 遠藤典子
 雲 水 や 十 一 月 の 空 仰 ぎ 遠藤典子
 冬 麗 や 船 か ら 船 へ 手 を 振 っ て 遠藤典子
 隣 島 へ 声 届 き そ う 冬 の 晴 遠藤典子
 海 の も の 両 手 に 提 げ て 冬 ぬ く し 遠藤典子






栴檀 2019年1月号 第195号
緑樹集 辻 恵美子 選


 稲 刈 り て 木 曽 の 川 音 近 う せ り 遠藤典子
 稲 架 か け て 大 き 没 日 を 見 て ゐ た り 遠藤典子
 数 珠 玊 や 去 り て ゆ き た る 人 の 数 遠藤典子
 亜 炭 鉱 あ り し 母 郷 や 雪 ぼ た る 典子






栴檀 2018年12月号 第194号
緑樹集 辻 恵美子 選


 新 涼 や 南 吉 日 記 の 青 イ ン ク 遠藤典子
 南 吉 の 答 辞 に 俳 句 一 位 の 実 遠藤典子
 黒 板 に 声 撥 ね 返 る 九 月 か な 遠藤典子
 昨 夜 の 雨 洗 ひ し 空 を 鷹 渡 る 遠藤典子

最新号に戻る




栴檀 2018年11月号 第193号
緑樹集 辻 恵美子 選


 栴 檀 が 影 を つ く れ る 滝 見 茶 屋 遠藤典子
 滝 壺 の 岩 を 揺 ら せ る 水 か げ ろ う 遠藤典子
 海 鳴 と ま が ふ 残 響 揚 花 火 遠藤典子
 挨 拶 の 語 尾 の 溶 け ゆ く 暑 さ か な 遠藤典子

最新号に戻る




栴檀 2018年10月号 第192号
緑樹集 辻 恵美子 選


 一 の 矢 の 震 へ て 飛 べ り 日 の 盛 り 遠藤典子
 結 界 を 行 き つ 戻 り つ 夏 の 蝶 遠藤典子
 清 流 の 畔 に 集 へ り 夏 つ ば め 遠藤典子
 七 月 の 鶏 頭 添 え て 祝 の 花 遠藤典子






栴檀 2018年9月号 第191号
緑樹集 辻 恵美子 選


 姉 川 を 渡 れ ば 展 け 麦 の 秋 遠藤典子
 鉈 仏 や そ の 名 涼 し き 音 楽 寺 遠藤典子
 サ イ ク リ ン グ ロ ー ド 雲 の 峰 へ と 続 き け り 遠藤典子
 梔 子 の 花 錆 ぶ 前 に 返 事 書 く 遠藤典子

最新号に戻る




栴檀 2018年8月号 第190号
緑樹集 辻 恵美子 選


 穴 出 で し 蛇 を 囲 め る ラ ン ド セ ル 遠藤典子
 母 の 日 の 母 は 一 合 飯 炊 い て 遠藤典子
 嘶 き の 森 を 抜 け 出 る 五 月 か な 遠藤典子
 手 術 痕 見 せ 合 う て ゐ る 水 着 か な 遠藤典子






栴檀 2018年7月号 第189号
緑樹集 辻 恵美子 選


 の ど け し や 牛 舎 に 猫 の 入 り 浸 る 遠藤典子
 人 減 り し 村 を 貫 く 雉 の 声 遠藤典子
 鹿 垣 に 菠 薐 草 の 花 長 け て  遠藤典子
 寡 黙 な る 平 家 の 裔 や 春 田 打 つ 遠藤典子
 分 校 の 跡 や 嵩 な す 桜 蘂  遠藤典子

最新号に戻る




栴檀 2018年6月号 第188号
緑樹集 辻 恵美子 選


 裏 川 に 鴨 の 来 て を り 雛 の 家  遠藤典子
 垂 れ 込 め る 雲 に 溶 け た り 山 ざ く ら 遠藤典子
 笙 の 音 を 攫 ふ 谿 風 春 祭 遠藤典子
 ふ ら こ こ を 漕 ぐ や 夕 日 を 蹴 り 上 げ て 遠藤典子






栴檀 2018年5月号 第187号
緑樹集 辻 恵美子 選


 縁 側 に 母 の 客 あ り 福 寿 草 遠藤典子
 蕎 麦 を 切 る 音 四 拍 子 春 隣 遠藤典子
 ゆ ふ づ つ と 三 日 月 並 び 春 立 て り 遠藤典子
 猪 の 義 眼 に 映 る 春 の 雪 遠藤典子



最新号に戻る

TOPに戻る